読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

todojunの人狼ブログ

スリアロ村などの動画配信人狼の分析や、個人の人狼体験記、人狼というゲームの分析などを行う予定です。

関西練習村 第2回(1戦目)レビュー

関西練習村

4月18日(月)に行われた関西練習村(第2回)について、感想や分析を書いていきます。この関西練習村は、関西の麻雀プロによる人狼で、イメージとしてはスリアロ村の関西版と考えれば良いようです。動画は以下から。

 

全4戦ありましたが、まずは1戦目からです(動画は冒頭からです)。

注意:最初に役職を全て公開した形として書きますので、それでも良い方のみ、以降をお読みください。1戦目は役職公開ルールなので問題ないと思いますが、念のため。

 

 

役職内訳(敬称略)

人狼:田村、清水

裏切者:麻生

占い師:高原

霊媒師:酒井

騎士:鳥井

村人:西村、今村、田内、土田、吉田

 

 1日目

処刑者(決選):田村(吊)、吉田

  • 関西練習村はスリアロ村とは違うレギュレーションで、しかも1戦ずつレギュレーションを調整したりしているので、まずは1戦目のレギュレーションを整理します。
  • 11人村で人狼2、裏切者1で初日占い無しの騎士連続ガードあり(恐らく)。5吊り3人外でスリアロ村よりはやや村側有利のレギュレーションです。
  • 1日目の議論時間は、役職を出さずに進んだため、しばらく議論が停滞気味でしたが、高原さんの提案により吊られたくない人は手を挙げるという作戦を実行することに。
  • 結果、田内さんと吉田さん以外が手を挙げる結果に。2人とも、役職持ちよりは無役職の自分が吊られる方がマシだから、という意見でしたが、これは一旦村置きして良さそうですね。
  • 人狼のレギュレーションだと、初日に狼が吊られると狼陣営が非常に不利になるので、通常であれば役職COの可能性を残しておくはずです。それを放棄した2人は相対的に白くなります。
  • もちろん、清水さんが言ったように、その裏をかいてどちらかが人狼ということも可能性としてはなくはないでしょうが、それは何日か経って噛まれずに残っていたときに考えればいいことで、まだその段階ではないように思います。
  • 他には、鳥井さんが、自由投票は投票先で情報が沢山出るから自由投票がいいという発言をしていましたが、僕も同じ理由で自由投票が好きです。自由投票で運良く人狼を吊ることができたら、その人への投票者をかなり白置きできるし、想像以上に有効な戦略だと思います。
  • もちろん、何も情報が出ていない状態で自由投票をやっても効果的にはなりにくいので、今回のように作戦を実行するなどしてある程度判断材料が出たうえで、最終的には自由投票にする、というのが好きですね。
  • この辺りの発言も含め、鳥井さんは話を展開させるのも上手いし、人狼ゲームの基本戦略をしっかりと把握していて、実力が一歩抜け出ていると感じました。こういう人が村にいると話に流れができるし安心感がありますね。
  • 投票では何と清水さんが田村さんを身内切り。その票の効果もあってか、最終的に吉田さんと田村さんの決選投票となりました。
  • これは田村さん役職COの一択に見えます。役職COすれば、無役職が確定している吉田さんを確実に吊ることができるし、逆に役職COをしないと、先ほどの論理で吉田さんの方が白く見えて吊られる可能性が高いからです。
  • しかし、田村さん、役職COをグッとこらえてそのまま対決に。この辺りの歯切れの悪さも逆に疑われる結果になってしまいましたね。
  • そして、清水さんが決選投票で吉田さんに票を入れ替えたのは、致し方無いとはいえ、結果的に翌日占われることにつながったので相当痛かったですね。最終的に身内切りを撤回するのであれば、最初から身内切りをする必要はなかったように思います。
  • 結局田村さん吊りで村側が俄然有利に。

 

2日目

襲撃者:今村

占い師CO:高原(→清水●)

霊媒師CO:酒井(→田村●)、麻生(→田村◯)

処刑者:清水

  • 議論開始直後に、酒井さんが田村さんを黒判定、さらに高原さんが一発ツモCO。狂人の麻生さんが田村さんを白判定で何とか一矢報いようとしましたが、さすがにこれはもう村人ストレート勝ちの流れになりました。
  • 高原さんと酒井さんをともに真とした場合、清水さんを吊って終わらなければどちらかの偽が確定するため、清水さん吊り安定の状況です。
  • 麻生さん目線でも、高原さんの真贋はわからず、占い師の対抗が出ていない以上、高原さんのクロ判定の清水さんを吊って色を見たいはずです。対抗の酒井さんだけでなく、占い師COの高原さんまでも疑う姿勢を見せた麻生さんは人外目線に見えました。
  • この場面の村側の今後のステップとしては、①清水さんを吊る、②終わらなければ高原さんを吊る、③終わらなければ酒井さんを吊る、④終わらなければ残り3人での対決、という手順が安定進行のように思えます。ということで、残念ながらもうほぼ投了状態でしたね。
  • 人狼2人のレギュレーションで初日に人狼が吊られてしまうと、こういう一方的な展開になりやすいので、初日は全力で吊られ回避するのがやっぱりいいと思います。
  • ということで、清水さんが吊られて村勝ちとなりました。

 

 

全体の感想

  • 初日に清水さんの身内切りに票が重なり田村さんが決選投票に上がったこと、決選で田村さんへの投票をやめたうえに田村さんが吊られてしまったこと、高原さんが一発ツモしたこと、人狼側にとっては全てが裏目に出てストレート負けとなってしまいました。
  • 人狼が強くなるためには、身内切りは絶対に必要な要素だと思うのですが、失敗してしまうとこういう結果になってしまうリスクもあります。ただ、人狼が強い人は全員こういう失敗を繰り返し、反省を繰り返して強くなってきたはずなので、この経験を糧にまた一歩次のステップに踏み出していけたらいいのではないかと思います。
  • ちなみに、関西練習村のメンバーの何名かは、かなり人狼ハウス大阪店にお世話になっているとのことでした。僕も、初めて人狼をやったのが昨年7月上旬辺りの人狼ハウス渋谷店だったので、何だか嬉しいです。
  • 色々な業界の人が人狼という共通の趣味でつながっていくのはとてもワクワクすることだし、僕自身もこのブログを含め、何らかの形で関わっていきたいと思っています。