読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

todojunの人狼ブログ

スリアロ村などの動画配信人狼の分析や、個人の人狼体験記、人狼というゲームの分析などを行う予定です。

スリアロ村第二十六幕(2戦目)レビュー

4月15日(金)に行われたスリアロ村第二十六幕について、感想や分析を書いていきます。動画は以下から。

タイムシフト試聴にはスリアロチャンネルの有料会員登録が必要です。有料会員で無い方は、しばらく経つと、YouTubeスリアロ村過去動画に掲載されるはずなのでご確認ください。

全3戦ありましたが、まずは2戦目のレビューです(動画は2:11:00くらいから)。

注意:最初に役職を全て公開した形として書きますので、それでも良い方のみ、以降をお読みください。また、1戦目の内訳のヒントとなるコメントも書かれているので、予めご了承ください。

  

 

役職内訳(敬称略)※当初記載の内訳に誤りがあったため修正しました。

人狼:BOSS、武中兄、谷

狂人:本村

占い師:白田

霊媒師:児玉

騎士:ケルヴィン

村人:麻也、芝尾、新井、武中弟、大崎、田中

 

 1日目

占い師CO:白田(→芝尾◯)、本村(→武中弟◯)

霊媒師CO:武中兄

処刑者(決選):ケルヴィン(吊)、谷

  • 今回も役職把握している前提での感想・分析です。
  • 新井さんの提案。1人が1人を指名してじゃんけんして負けたほうが吊り候補。これを6回繰り返して、6人の吊り候補を出し、ここに新井さんを加えた7人を吊り対象とするもの。初めてみた作戦で面白そうですね。
  • 結果は次のとおり(敬称略。太字がじゃんけんで負けた吊り対象)。武中兄→武中弟、大崎→ケルヴィン、BOSS→白田、田中→芝尾→本村、児玉→麻矢
  • ここで吊り対象の白田さんが占い師CO、武中お兄さんが霊媒師CO。さらに、ケルヴィンさんが役職があるかないか今日は言えない、みたいな微妙な発言をしました。
  • 第一印象としては、このケルヴィンさんの挙動、人狼だったらこんな目立つ行動はしないだろうから、騎士を匂わせて代わりに噛まれようとしている素村に見えました。まさか本物の騎士だとは思いませんでしたね。騎士よりはまだ人狼の方が可能性があると思っていました。
  • ちなみにこの作戦ですが、狼同士はじゃんけんしづらいとか、じゃんけん相手の選び方から何か情報が出るというのはなかなか難しい気がします。なぜなら、全員が必ず1回はじゃんけんして、負けたら吊り候補、勝てば吊り候補逃れとなるからです。
  • 例えばこれが、全ての人がじゃんけんするのではなくて、4人が4人を指名してじゃんけんするというのであれば、残った4人はじゃんけんせずに吊り候補にならないので、指名情報はかなり意味を持ちそうです。
  • つまり、指名をしにいった人は、自分が吊り候補になる可能性も高めているのでやや白めになるし、それこそ狼が狼を指名するということは起こりづらいと思います。
  • 今回の場合は、狼同士がじゃんけんをしてもしなくても吊り候補になる確率は変わらないため、確実に一方だけ吊り候補なることを選択するか(狼同士でじゃんけん)、どちらも吊り候補・一方だけ吊り候補・どちらも吊り逃れのどの可能性もありうることを選択するか(狼同士でじゃんけんしない)、というくらいの違いになります。
  • 細かい話をすれば、狼は吊り候補に上がったとしても役職COで比較的容易に吊り回避ができるので、吊り候補に沢山上がる可能性もあるけれど吊り候補に全く上がらない可能性もある「狼同士でじゃんけんをしない」選択をする方が人狼有利に働きそうな気もしますが、この場でここまで頭が回るかどうか難しいと思うので、やっぱり指名情報はあまり意味を持たないような気がします。
  • さて、投票では、ケルヴィンさんの他、吊り候補に上がっていなかった本村さんにも予想外に投票が入り、本村さんが占い師CO。最終的には、ケルヴィンさんと谷さんの決選投票になりました。
  • 決選での谷さんの発言が白っぽかったこともあり、ケルヴィンさん吊りになったのは仕方がないですね。ケルヴィンさんの役職等の可能性は、素村>人狼>騎士>その他役職、に見えていたので、人狼を吊れる可能性もそれなりにあり、騎士吊りを回避できるという意味でも、ケルヴィンさん吊りは妥当な選択だと思います。
  • ケルヴィンさん、騎士を匂わせる素村のフリをするという、ちょっとトリッキーなプレーをしましたが、逆に怪しまれて吊られる結果になってしまいました。初日に吊られなければ噛まれにくい位置に付けたと思いますが、少しリスクのある行動だったかもしれません。
  • 谷さんは、役職COせずに決選で勝てたのは非常に大きかったですね。村寄りに見えました。

 

2日目

襲撃者:田中

占い師CO:白田(→児玉◯)、本村(→麻矢◯)、BOSS(→白田◯、武中弟◯)

霊媒師CO:武中兄(→ケルヴィン◯)、BOSS(撤回)、児玉(→ケルヴィン◯)

処刑者:BOSS

  • 武中お兄さんの霊媒師COをあまり信用していなかった児玉さんが噛まれるか心配でしたが無事生き残りました。
  • BOSSの霊媒師COに対して、児玉さんが3人目で霊媒師CO。これを受けてBOSSが占い師COにスライド。うーん、これはさすがにBOSSの信用度は低くなりますね。単純な撤回だったらまだしも、スライドは霊媒師の信用勝負で勝てないとみた人狼側に見えます。
  • 一応スリアロ村は村騙り禁止のルールだったはずなので、単純撤回ができず役職スライドするしかなかったのかもしれないですが、さっきのケルヴィンさんといい、トリッキーなプレーは相当丁寧な説明をしないと理解を得られにくいと思います。
  • さて、BOSSが白田さんに白判定を出したことでBOSS目線で本村さん人狼が確定に。対抗占い師に白出しというのはスリアロ村ではよく見る光景ですね。
  • ここで麻矢さんにビッグプレーが!BOSSがお告げ先の白田さんを初日のじゃんけん相手に選んだのは変だと指摘。これはお見事でした!全然気が付いていませんでした。
  • これに対するBOSSの弁明も「お告げ先を忘れてた」というだけで、さすがにこれではフォローのしようがないですね。先ほど1日目のところに書いたように、「誰を選んだとしても吊り候補になる確率は1/2で変わらないので、知っててあえて選んだ」と釈明するのならまだ酌量の余地はあったかと思います。
  • 児玉さんも言ってましたが、1戦目の谷さんのポンコツとは違う、これは人狼としてのミスにしか見えませんでした。真だったらこんなミスはしない一方、人狼であればありそうな見落としなので。
  • ということで、BOSSが満場一致で吊られることに。そして、3人目で出た霊媒師COの児玉さん真目、武中お兄さん狼目、挙動等で白田さん真目、本村さん狂人目と、正しい内訳を把握している村人が多い状況になりました。
  • 占い師の真贋については、本村さん真も結構あるかなと思っていたので、白田さん真目で見ている人が多かったのはやや意外でした。

 

 3日目

襲撃者:白田

占い師CO:本村(→谷◯)

霊媒師CO:武中兄(→BOSS◯)、児玉(→BOSS●)

処刑者(決選):武中兄

  • 狼側に占い師の真贋は付いていないと思っていたので、白田さん噛みは意外でした。しかしここで真を噛めたのは大きかったですね。相当村側有利に進みそうな流れだったのが、狼側にも勝ち目が見えてきました。
  • 役職COの結果は、占い師COの本村さんが児玉さん黒判定、霊媒師COの2人の判定が割れたことで、かなり状況がわかりやすくなりました(各役職CO者からみて、他の役職CO者の内訳が確定)。
  • 武中お兄さん視点では、本村さんと児玉さんの人狼が確定、児玉さんに白出ししている白田さんが狂人、BOSSが真。本村さん視点では、児玉さんが人狼、白田さんが狂人、BOSSが人狼、武中お兄さんが真。児玉さん視点では、本村さんが狂人、BOSSが人狼、武中お兄さんが人狼、白田さんが真となります。
  • 霊媒COの2人目線で本村さんの真がなくなったので、本村さんの偽物がほぼ確定です。さすがに役職5COで田中巌さんが霊媒潜伏死することはありえないので。
  • そして、武中お兄さん目線でBOSSが真、児玉さん目線では白田さんが真ということで、こちらもさすがに児玉さんの信用度の方が圧倒的に高くなります。武中お兄さん、ここは児玉さんに霊媒結果合わせるのも手だったかもしれないですね。
  • ということで、村側は正しい役職内訳を元に推理を進めることに。白田さんに白出しされている芝尾さんを白確として、武中弟さん、谷さん、新井さん、大崎さん、麻矢さんの中にラストウルフです。
  • この中で、谷さんは初日にBOSSに投票されており一旦白置き、BOSSのミスを指摘した麻矢さんも白置きされて、残り3人が村人アピールすることになりました。
  • 谷さんが一旦ここで怪しいゾーンから抜けられたのは人狼陣営にとっては大きかったですね。BOSSは大きなミスで人狼バレしたのにも関わらず、しっかり仕事をして死んでいきました。
  • ラストウルフになってしまったとしても、①真占い師が死んでいること、②ラストウルフが白置きされていること、という2条件が揃っていれば、人狼側も相当頑張れる、というのがよくわかる展開となりました。
  • 投票では、霊媒決め打ちで武中お兄さんが吊られることに。どちら目線でも破綻した本村さんではなく、児玉さんを真とみて狼となる武中お兄さんを処刑したのは、村としては強い選択でした。

 

4日目

襲撃者:芝尾

占い師CO:本村(→谷◯)

霊媒師CO:児玉(→武中兄●)

処刑者:本村

  • 芝尾さんが襲撃。人狼としては、白田さん目線の確白を消していくしかないですね。初日で騎士が処刑されたことがここに来て大きな意味を持つことになりました。
  • 状況としては、白田さん目線のグレー5人のうち2人は確実に処刑できます。今日狂人の本村さんを処刑するならば、残り2日で2処刑。今日からグレーに手をつけるならば、2処刑のあと最終日に人狼、狂人、村人となり人狼CO対決。
  • シンプルに考えると、後者の方が村の勝率が高くなりそうですが、確実に狂人を吊って人外を減らしておきたい、という心理もよくわかります。
  • しかも、児玉さんだけでなく、麻矢さんもほぼ確白なので、狂人を吊らずに最終日にどちらかが残ればほぼ人狼勝利の状況です。となると、どうぜ翌日には本村さんを吊らざるを得なくなるので、今日吊っておくという選択はロジック的にも妥当です。
  • 結果的に、吊り候補として挙げられた大崎さんのパッションもあって、結果的には本村さん処刑となりました。大崎さん、グレーに怪しい人がいなくて相対的に谷さんが人狼じゃないかと推理したのは正解でした。
  • 本村さんは、遺言で、児玉さんも武中お兄さんも人狼だ!と最後まで自分の真を主張し続けました。最後まで投げずに自分を真とした演技を続けるのはとても大事なことなので、好印象でした。

 

5日目

襲撃者:児玉

処刑者:大崎

  • 児玉さんが襲撃。これはもう騎士がいないのを把握したかもしれないですね。翌日はほぼ確白の麻矢さんが噛まれそうです。
  • この日は、大崎さんと武中弟さんが谷さん人狼に辿り着いたのが良かったですね。武中弟さんが、最終的にはパッションがものをいう、と言っていましたが、特に対面人狼ではそのとおりだと思います。
  • レベルが高くなってくると、身内切りとかロジック面で色々と紛らわす手段を使うことができてきますが、人間らしいパッションを出すというのは、その一段上のレベルに達しないと難しいと考えています。
  • 最後は1票差で大崎さんが処刑。また最終日までもつれる熱い展開になりました。

 

6日目

襲撃者:新井

処刑者:武中弟

  • 新井さんが襲撃。これは予想外でした。麻矢さんが一番白く見えていたので、麻矢さん襲撃の一択かと思っていました。
  • 確かに、武中弟さんは前日から谷さんラストウルフを推していたので、結局は武中弟さんと谷さんのサシ勝負になるということで、より白い方を噛むという選択ではなく、より武中弟さんに投票してくれそうな方を残すという選択も考えられるところでしたね。
  • 最後の最後はパッション対ロジックの対決。パッションでは武中弟さん優位でしたが、BOSSの谷さんへの初日投票が最後の最後まで効いていて、最終選択の麻矢さんは武中弟を処刑に持っていきました。視聴者アンケートでは、谷さん処刑43%:武中弟さん処刑40%の僅差!

 

全体の感想

  • 初日のじゃんけん提案は盛り上がるし面白かったです。まさかここからBOSSの破綻につながるとは思いもしませんでした。今度は、全員じゃんけんではなくて、4✕2のじゃんけんか、5✕2のじゃんけんをやってもらいたいです。その方がさらに情報が出やすいと思います。
  • ケルヴィンさんの初日騎士吊られ、BOSSの破綻と、どちらの陣営にも手痛い出来事が起こり、思ったよりもバランスが取れた展開で最終日を迎えましたが、最終的にはBOSSの身内切りが効いたということでさすがでしたね。
  • 1戦目に続き最終日までもつれる熱い戦いで、この戦いも本当にどちらが勝ってもおかしくない紙一重の勝負だったと思います。
  • ちなみに、この数日前に、近所を散歩していたら、本村さん夫婦とこの日連れてきていた赤ちゃんとに偶然すれ違いました。プライベート感満載だったので声をかけられませんでしたが、思い出に残る出来事でした。