読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

todojunの人狼ブログ

スリアロ村などの動画配信人狼の分析や、個人の人狼体験記、人狼というゲームの分析などを行う予定です。

スリアロ村第二十三幕(1戦目)レビュー

スリアロ村

29日(金)に行われたスリアロ村第二十三幕について、簡単な感想や分析を書いていきます。既に3戦目だけ書いているのですが、今日は1戦目を書きます。

注意:スリアロ村の1戦目は役職公開なので問題ないと思いますが、最初に役職を全て公開した形として書きますので、それでも良い方のみ、以降をお読みください。

タイムシフトはこちら(http://live.nicovideo.jp/watch/lv249429856

 

1戦目の内訳(敬称略)。

人狼:田原、命、五反地

狂人:BOSS

占い師:平

霊媒師:樋口

騎士:田中

村人:首藤、関、外柳、武中、大浜、白田

 

初日。

占い師CO:BOSS(→白田白)

処刑者(決選):大浜(吊)、関

  • 大浜さん、「占い師(候補)です」「霊媒師(候補)です」「どちらかです」の3択を各人が発表していくことを提案。「どちらかです」がなければ何度か見たことがある作戦ですね。
  • 大浜さん、「どちらかです」に人外が結構出ているのではないかと考察し、ここを吊り候補にすることを提案。提案者である自らも「どちらかです」で出たので吊り候補ということに。なるほど面白いです。
  • また、本物の役職者は「どちらかです」だと信用度が下がるので、ここから吊る限り、役職者を吊るリスクが少ないとのこと。確かにそれはそうですね。あと、この3択を考える時間を与えずに発表していかせたのも大浜さんらしいです。もちろん、これだけでは村置きはできないですが。
  • これでひとまず吊り候補が、命さん、関さん、大浜さん、白田さんの4人に。ここでBOSSが白田さんを白出しして吊り候補が3人に。狼の命さん、ピンチです。
  • ここで命さん、役職COせずに、パッションで吊りから外れるように弁明をしました。これはナイスでした!人狼で初日に吊り候補に挙がると役職COをしたくなるところですが、我慢してパッションで吊り逃れできたのは凄いです。狼なら役職COするだろうということで村っぽく見えますしね。本来なら村人がこれをやるべきところだと思います。
  • 白田さん、「占い師です」の人に手を挙げさせ、一人ひとりの疑いを考察。これは正直、なんの意味があるかわかりませんでした。というか、これは狼に有益な情報を落とすだけじゃないか、と感じました。
  • 実際、平さんがCOのバランスを取らずに「占い師です」と言ったことから真っぽく見えたし、最後の武中さんはバランスをとって「霊媒師です」と言ったっぽいので真には見えないという感じになったと思います。後ほど説明しますが、実はこのゲーム、人外がこの2つの重要な情報を生かして勝ったということもできそうです。
  • ということで、役職クローズであれば、白田さんが相当怪しく見えていたところですが、村人としてどういう意図でこの確認をしたのでしょうかねぇ。結果論ですが、ここまで情報が出たなら、占い、霊媒フルオープンにした方がむしろ良かったかもしれません。
  • 結局、決選投票は、村人の大浜さんと関さんに。ここに命さんが入らなかったのは、さっきの弁明の効果ですね。
  • あと、投票時にはBOSSが地味に超効果的な発言「平さんを怪しんでいるので、もし僕が噛まれたら平さんを疑ってください」。これは平さんを真の占い師と踏んだ発言だと思いますが、これが後でジャブのように効いてきましたね。これが先ほどの人外が生かした重要情報の1つ目です。
  • ということで、初日から狼の命さんと狂人のBOSSが有能な働きをしたことで、既にこの時点で形勢はだいぶ狼側有利に傾きました。
  • ちなみに、初日の昼の議論時間中、五反地さんが地味に「占い師です」吊りに誘導しようとしていたのが情報を知っててみると面白いです。実際、「占い師です」に狼が1匹もいなかったので。

 

2日目。

襲撃者:樋口

占い師CO:BOSS(→平黒)、平(→樋口白、→白田白)

霊媒師CO:田原(→大浜黒)

処刑者:武中

  • なんと霊媒の樋口さんが襲撃。これは村ピンチ。
  • そして平さんの占い師COに対してBOSSが平さんを黒出し。素直にみると、BOSSが疑っていた平さんを占って狼判定を出し、占われそうなことが分かっていた平さんが狼で対抗占い師COをしたようにも見えます。当然、これがBOSSの最大の狙いだったんでしょう。
  • 平さんの2日目の占い先は自然で、村目線からすると白田さんは相当怪しかったので、確白作りは有益だったと思います。
  • そんな中、田原さんが霊媒師CO。「大浜さんを黒とみているので、投票者の洗い出しをしたい」と、何とも真の霊媒師が言いそうな発言。これは上手いし、乗っ取られる可能性がだいぶ高いです。
  • 武中さん、昨日の「霊媒師です」CO者を確認。田原さん、五反地さん、武中さんのみ(+襲撃された樋口さん)を確認して、田原さんが人外っぽく見える発言。樋口さんが役職者っぽかったことからの推察と思われますが、さすがですね。武中さん目線、自分が村なので真霊媒師が噛まれることは十分あり得ると考えるのは自然ではあります。
  • というか、人狼目線、昨日の考察から武中さんが霊媒師ではなさそうとなると、霊媒師は樋口さんでほぼ確定なんですよね。真霊媒師が噛まれることは自然どころか、ほぼ確定な状況というわけです。これが先ほどの人外が生かした重要情報の2つ目です。
  • さて、武中さんの鋭い分析で村が相当盛り返してきたな、と感じたところで、なんと武中さんを吊るという。こんな村正直「ありえない」と思いました(笑)
  • 武中さんも、あまりに自分の読みをストレートに村に伝えたせいで、逆に村に怪しまれる結果になって残念でしたね。「田原さんが真に見えない」だけならまだしも、「田原さん今日吊りもあり得る」というのは、真霊媒師を吊りたい狼に見えても仕方ないですね。
  • でも、もし武中さんが狼なら、こんな自ら疑われにいくような行動をするかな、というのもあります。「田原さんが真に見えない」どまりであれば、占い先候補であって、吊り先候補にはならなかった可能性もあります。ここら辺の微妙なさじ加減は難しいですね。
  • 実はこの状況、田原さんが真の可能性があまり高くないというのはロジカルに説明できるところでした。以下、少し長くなりますが説明します。
  • まずBOSSを真占い師とみると、平さん狼。この状況下で狂人が潜伏することは考えづらいので、田原さんと樋口さんが真霊媒師と狂人の組み合わせになる。どちらが噛まれる確率も同じと考えれば、どちらが真の確率も1/2になりますが、狼はより真霊媒師っぽい方を噛んだと考えれば、田原さんが真霊媒師の確率は半分以下です。
  • 逆に、平さんを真占い師とみた場合。BOSSは狼の可能性も狂人の可能性もありますが、狼だった場合は、霊媒師の真贋の確率は上記と同様で、田原さんの真は半分以下です。BOSSが狂人だった場合はやや複雑で、①「霊媒師です」に真霊媒師がいて狼がいない場合と、②「霊媒師です」に真霊媒師と狼がいる場合に分かれます。
  • ①の場合は田原さんが真になりますが、②の場合は狼は真霊媒師を噛める可能性がほぼ1/2以上あるので、田原さんが偽の可能性が高くなります。
  • つまり、平さん真占い師ーBOSS狂人で、かつ、「霊媒師です」に真霊媒師がいて狼がいない場合のみ、田原さんが真を強く主張できることになり、冷静に考えると田原さんの真目は必ずしも高くないことがわかります。BOSSが真目でみられていたこの状況では尚更です。
  • ここら辺は、ベイズ推定の考えを用いればもっと詳しく分析できそうですが、長くなってしまって読者が減りそうなので割愛します。
  • ということで、投票時に田原さん「私は確率的にどう考えたって真霊媒の可能性が85%はある」と言ってましたが、絶対にそんなことはないですね。印象操作に誰も気が付かなかったのは残念です。

 

3日目。

襲撃者:田中

占い師CO:平(→命黒)、BOSS(→外柳白)

霊媒師CO:田原(→武中黒)

処刑者:平

  • なんと襲撃者は騎士の田中さん。これは村が必敗モードに入ってしまいましたね。
  • そんななか、何とか平さんが命さんに黒出ししました。これは良かった!しかし9人中4人外という相当厳しい状況です。
  • BOSSは外柳さんに白出し。天国ルームで武中さんが外柳さんが怪しいと見えていたと言っており、客観的に怪しかった外柳さんに白出しして囲おうとしたのでしょう。
  • この状況で確白の白田さんが、PP防止のために田原さん吊りを提案。これは良かった!もう村の最高の頭脳の武中さんを失った以上、白田さんに頼るしかない!
  • というところでしたが、村人側に明確にそれに乗る人がいない!というか、村人がみんな囲碁棋士の寡黙組なので辛すぎる!結局狼側の明確な誘導に抗うことができず、平さん吊りになってしまいましたとさ。
  • ちなみに、田原さん吊りの論理ですが、PP防止というのもありますが、「田原さんを明確に疑っていた武中さんが人間だった以上、武中さんを人狼だと明確に疑い投票をけしかけた田原さんは吊っておくべき」という意見もあっても良かったかもしれないですね。まぁその場で思いつくのは難しいですが。
  • あと、平さんは自分が真目で見られていないのが分かった時点で、田原さん吊りにシフトしても良かったんですけどねぇ。黒出しの命さんが吊れなそうで、平さんが処刑される可能性があるとなれば、誰にとっても安全策の田原さん吊りという選択肢もあったのかなと。

 

4日目。

襲撃者:首藤

占い師CO:BOSS(→首藤白)

霊媒師CO:田原(→平白)

処刑者:関

  • PPで終了なので特にコメントはなしです。

 

全体の感想。

  • 人狼陣営の完勝でした。命さんの初日役職COなし村人アピール、BOSSの初日平さん疑っている発言、田原さんの霊媒師乗っ取り、五反地さんの地味な誘導。狼陣営がそれぞれの役割をきっちりこなしたうえでの見事な勝利でした。偶然ではなく、勝つべくして勝った。
  • 当然、人狼ゲームにノーチャンスということはなく、今回も村人側に勝つチャンスはありました。一番の分岐点は武中さん吊りですね。あれで勝負が決まってしまった感があります。
  • あれで武中さんと白田さんが分断されてしまったのがとても痛く、田原さん吊りに持っていくことができなくなってしまいました。PPが近くなってくると、狼票が重なってしまうので、村人側は相当頑張って票合わせをしなくてはいけなくなるのが大変ですね。
  • 囲碁棋士勢はもっと頑張ってほしかったなぁ。。